テレビ会議を使えばさまざまなメリットがある

オリジナル見出し01

テレビ会議は、テレビやプロジェクター、カメラ、マイク、パソコンなどを使い離れた場所にいる相手とリアルタイムに打ち合わせや会議などをすることができるもので、大手企業や従業員の多い企業などでよく使用されている方法の一つです。



大手の企業などでは、従業員が本社だけでなく支店にもたくさんの数の人が働いていることから、スムーズに運営を行うためには、会議や打ち合わせなどが欠かせません。



会議を行うためには出張を行う数がどうしても多くなってしまい、出張をするためには時間やコストが多くかかってしまうために、出張費用が高額となってしまうという問題点がでてきてしまいますが、大事な打ち合わせや急な問題が生じてしまった場合などには、どうしても会議を行わなくてはならない場合もおおいことから、企業では費用がかかってしまうものの出張を行ってきました。



しかし、テレビ会議という方法を使えば、打ち合わせをしたい相手が遠くにいても相手の顔や音声をリアルタイムに聞きながらやり取りをすることができるので、わざわざ会議をしたい相手の場所に行かなくてもすぐに会議や打ち合わせをすることができるので、出張にかかるコストを大幅に減らすことができたり、電話ではなく相手の顔や声を直接見たり聞いたりするように会議をすることができるので相手の様子を伺いながら会議をすることができたり、海外にいる相手とでも会議や打ち合わせをすることができるとテレビ会議システムを導入している企業も多くなってきています。











関連リンク

  • タイトル21

    テレビ会議とはSkyp(スカイプ)などのアプリケーションを使用してテレビ電話で行う会議のことです。メリットとしては遠い場所の人ともインターネット環境がそろっていれば簡単に顔を見ながら会議をすることができるという点です。...

  • タイトル22

    会議は参加者の都合をつけなければはじめることが出来ませんから、すぐに話し合いをしたいことがあっても日程を調整しなければはじめることができません。同一社内の人間同士で会議をするのであれば、その日の内に調整をすることも可能ですが、遠方の支社などがある場合には日程の調整をするだけでも時間がかかってしまうものです。...